神奈川県厚木市『長福寺の金精様』

厚木市の寶谷山長福寺に、3柱の金精様(男根状の神様)がいらっしゃいます。少ない情報を頼りに境内を探しましたが見当たらず、寺務所で尋ねたところ、敷地内の離れた場所にあると親切に案内頂き会う事ができました。

小さなお社の影に、ひっそりとチン座。分かりやすいエッジの効いた造形の1柱、劣化が進んでいるが尿道口クッキリの1柱、笠石風の背の高い1柱。どなたも個性的で素晴らしい。

エッジの効いた1柱の根元近くに、丸石が3つ。根元に分かりやすく玉々が置いて有るのはよく見る姿ですが、少し離れた位置に隠れるように有るのがちょっと不思議。直接的表現を避けているのか、もしくは全く別の意味や由来が有るのか。

そして玉の1つはどこへ行ってしまったのか、元々3つしかなかったのでしょうか。ジョジョリオンの主人公は玉4つですし、元々玉3つの持ち主だったとしても不思議は無いかも。

『文政七甲申正月(1824年)』の刻印。貴重な神様を見せて頂き、お寺の方に感謝です。それにしたも玉ひとつどこに行ってしまったのか、聞いておけばよかった。。機会が有れば再訪したいと思います。

住所 神奈川県厚木市寿町1-11-12 寶谷山長福寺

建立年 文政七甲申(1824年)

駐車場 有り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。